株式会社HUBFACTORY - 新たなつながりを作るサービス・アプリ・WEB制作会社 -
CREATE A NEW HUB
IN THE WEB SEARVICE...
PICK UP

マーケティング

結局、SEO対策ってどうなの???

2015.11.5

CATEGORY - マーケティング

ひと昔前までは、SEOっていうと、専門の業者さんがすごいいっぱいいたりして、とにかく流行りに流行ってましたよね^^。
で、それが、昨今、SEO専門の業者さんっていうと、ほんと少なくなった気がします。

SEO不要論みたいなものも飛び出したりしてましたけど、実際のところ、どうなの?ってところを考えてみました。

SEO対策

で、結論から言っちゃうと、


昔ながらの手法のSEOだったらまず必要ない!
でも、SEOは必要です!


です(笑)

昔ながらのSEOの手法とは。。

・とにかく外部からのリンクを増やす!
 → いろんなサイトを量産して、SEOを伸ばしたいサイトにリンクを貼る感じです♩
・キーワードをとにかく多くちりばめる!
 → 文字を見えないようにして、キーワードを入れるような手法もあったみたいですね♩
・重複コンテンツを量産する!
 → ほぼ同じ内容のコンテンツを別ページで量産したり、むやみに、ページ数をわけたりする感じです♩

ほんとざっくりですが、こんな感じでしょうか。

ですが、Google のロボット(適切な検索エンジンになるようにWEB上を巡回してるやつ)の発達?によって、これらの手法がほとんど機能しなくなってきたんですね^^

で、今必要なSEOの手法は?

ってことで、今の時代に必要なSEOの手法について考えてみます。

簡単にいうと、Googleの思考は


「ユーザーファースト!」です!


要は、ユーザーが、キーワードを入れて検索した時に、ちゃんと調べたい内容が載ってるサイトが表示されるかどうかってところが重要なんですね。

なので、ひと昔前の手法だと、とにかく検索エンジンで上位表示させたいためにいろんな手法をとったんですが、そこに、「ユーザーファースト」の理念がなかったわけです。

なんていってもコンテンツ重視!

もう、はっきり言って、一番はこれです!

ちゃんと、深い内容で書かれているかどうか。
姑息な手段を使っていないかどうか笑
ユーザーが見たい内容が載っているかどうか

じゃあ、Googleは一つ一つのサイトのコンテンツを全部くまなく見てるのかどうか?

まあ、そんなことはないですよね^^(と、思うw 実際はGoogleの人しか知らないw)

そこで、重要なのが、

(1)キーワード
 → 適切なキーワードがちりばめられている。
(最近は、類似キーワードでもちゃんと評価してくれるらしいです。頭いいです^^)

(2)離脱率
→ そのサイトで、他のページもちゃんと見られてるかどうか
まあ、TOPページ見て、あれ?違うな。って思ったら、もうそのサイトは見られないわけで。

(3)滞在時間
→ 滞在時間も見てるみたいですね〜^^
長くとどまるコンテンツってことは、それだけ興味を惹いて、ユーザーが見てるってことですね。

(4)適切なコード
→ これは、ちょっと技術的な話になるのですが、W3Cにのっとったちゃんとしたコードで書かれているかとか、タグの使い分けがちゃんとできているかとか、あとは、ページの表示スピードとかも影響しますね。画像が減色されて画像サイズが小さくなってるとか、CSSやJavaScriptファイルも圧縮して、小さいサイズにしたほうがいいってことですね。

とゆーことで、まとめです



いいコードで、いいコンテンツを書く!


これだけです。

簡単ですね♩

でわでわ。。

株式会社HUBFACTORY(ハブファクトリー) - 新たなつながりを作るサービス・アプリ・WEB制作会社 -

© 2014-2015 HUBFACTORY.INC

PAGE TOP